国際貿易ビジネス検定

資格区分難易度合格率
[ATS]33%
[FTS]64%
(H17)

国際貿易ビジネス検定とは、貿易の仕組みや手続きなど貿易に必要な実務知識を客観的に評価する検定試験。貿易実務のほか貿易英語からも出題され、ビジネスシーンにおける英文書や貿易用語の和訳・英訳が問われる。試験は貿易管理者(ATS)と貿易業務主任者(FTS)に分かれ、FTSでは貿易実務の基本的な事柄を幅広く、ATSでは貿易取引の実務面での管理にとどまらず、貿易企業の経営に求められる知識・技能と応用力・判断力が問われる。




国際貿易ビジネス検定追加情報


制限なし


【ATS】2月、7月
【FTS】2月、7月、11月


お問い合わせ先までご確認下さい


5,000円


NPO生涯学習国際貿易ビジネス検定委員会