Windows操作技能認定試験

資格区分難易度合格率
73.9%(全級)
(H16)

Windows操作技能認定試験とは、Windowsの多様な機能の活用と、Windows上の様々なアプリケーションソフトの活用操作に関する標準的な技能を認定する試験。試験は知識試験と実技試験に分かれており、知識試験ではパソコンの基礎知識やWindowsの知識、実技試験ではファイル・フォルダ操作やInternetExplorer・OutlookExpressの操作等が問われる。正答率により1級から3級に認定される。




Windows操作技能認定試験追加情報


制限なし


試験会場により異なる


お問い合わせ先までご確認下さい


5,200円


サーティファイ