日本実戦話力検定

資格区分難易度合格率
[1級]-
[準1級]32.3%
[2級]41.6%
[準2級]52.8%
[3級]61.8%
[4級]60.8%
[5級]40.7%
(H16)

日本実戦話力検定とは、あらゆる現場で適切に対応できる、説得力・交渉力を持った会話能力を証明するための検定試験。資格は1級から5級の7段階(準1級・準2級含む)に分かれており、試験は筆記とリスニングが基本だが、3級になるとスピーチが加わり、2級以上ではプレゼンテーションや試験管とのトークなどが課される。




日本実戦話力検定追加情報


【1級~準2級】前級の合格者
【3級~5級】制限なし


2月、9月


お問い合わせ先までご確認下さい


【1級】30,000円
【準1級】15,000円
【2級】10,000円
【準2級】7,000円
【3級】5,000円
【4級・5級】2,000円


中央職業能力開発協会