有線テレビジョン放送技術者

資格区分難易度合格率
[第1級]41.9%
[第2級]64.2%
(H16)

有線テレビジョン放送技術者とは、ケーブルテレビ施設の設計・設置・維持管理などの監督を行う専門家。建造物等による受信障害調査も行う。資格は1級と2級に分かれ、監督できる施設の規模が異なる。5日間の講習を受け、試験に合格することによって資格が取得できる。




有線テレビジョン放送技術者追加情報


【第1級】
1. CATV施設の設置、維持管理等の業務について3年以上の実務経験を有する者
2. 第2級取得後、CATV施設の設置、維持管理等の業務について1年以上の実務経験を有する者
【第2級】
CATV施設の設置、維持管理等の業務について1年以上の実務経験を有する者

※実務経験を有しない者には、予備試験制度がある


【第1級】1月
【第2級】7月


お問い合わせ先までご確認下さい


【第1級】39,900円
【第2級】33,600円
※受講料含む・テキスト代別


(社)日本CATV技術協会