イベント業務管理者

資格区分難易度合格率
57.8%
(H16)

イベント業務管理者とは、イベントの的確な立案・施工・実施などイベントを総合的に管理する専門家。博覧会や展示会などから文化・スポーツイベントまで幅広い知識が要求される。試験は1次試験と2次試験が行われ、1次試験はマークシート方式の筆記試験、2次試験はマークシート方式・記述式・小論文による筆記試験と、イベントの業務管理に関する総合的能力を問われる面接方式が行われる。




イベント業務管理者追加情報


受験年度に満23歳以上で、イベント業務に関する実務経験を3年以上有する者


■第1次試験…1月下旬
■第2次試験…3月下旬


■第1次試験…2月上旬
■第2次試験…5月上旬


■第1次試験…21,000円
■第2次試験…21,000円
■登録料…13,650円


(社)日本イベント産業振興協会