海上自衛隊技術幹部

資格区分難易度合格率
不明

海上自衛隊技術幹部とは、主として艦船、航空機、武器等の研究開発、維持整備などの技術分野で活躍する幹部海上自衛官を採用する制度。1等海尉または2等海尉として採用され、海上自衛隊幹部候補生学校において約2ヶ月間、幹部として必要な教育を受ける。その後、専攻学科に応じた業務に従事する。




海上自衛隊技術幹部追加情報


日本国籍で、大学の理学部か工学部で所定の学科を専攻し、卒業後2年以上これらに関連した技術の業務経験がある者で、以下の条件を満たす者
■1等海尉…38歳未満で大学卒業後の経過年数12年以上
■2等海尉…34歳未満で大学卒業後の経過年数8年以上


7月


8月


無料


防衛庁