自衛隊幹部候補生(一般・技術)

資格区分難易度合格率
[陸上]1.8%
[海上]3.2%
[航空]2.1%
(H15)

自衛隊幹部候補生(一般・技術)とは、陸・海・空各自衛隊の幹部自衛官となるために、自衛隊幹部候補生学校に入校し、必要な知識・技能を学ぶ者。約1年間の教育を受け、その後3等陸海空尉(大学院出身者は2尉)に昇任する。職域は陸・海・空の医師を除く全職域に従事し、技術要員や飛行要員も含む。




自衛隊幹部候補生(一般・技術)追加情報


日本国籍で、採用年の4月1日現在、20歳以上26歳未満の者で大学卒業(見込み)者
※大学院修了者は28歳未満の者
※現役自衛官は22歳以上28歳未満の者


■1次試験…5月
■2次試験…6月
■3次試験…7月~8月(海・空自衛隊の飛行要員のみ)


お問い合わせ先までご確認下さい


無料


防衛庁