東京消防庁消防官(専門系)

資格区分難易度合格率
[男性]3.6%
[女性]2.6%
(H16)

東京消防庁消防官(専門系)とは、専門知識を活かして消防に関する業務を行う専門家。専門区分は法律、建築、電気、電子・通信、化学、物理、土木、機械があり、専門分野に応じて、火災のメカニズム・消火効率・災害心理等の研究や消防行政にかかる訴訟関係事務などを行う。採用されると全寮制の消防学校に入校し、消防官として必要な教育を受ける。




東京消防庁消防官(専門系)追加情報


受験翌年の4月1日現在22歳以上30歳未満の者で、大学卒業(見込みも含む)以上の学歴をもつ者、または受験翌年の4月1日現在21歳未満の者で、大学卒業(見込みも含む)の者


■1次試験…6月上旬
■2次試験…7月の2日間


■1次試験…6月下旬
■2次試験…8月


無料


東京消防庁