消防設備士

資格区分難易度合格率
[甲種]26.3%
[乙種]39.8%
(H16)

消防設備士とは、消防用設備の工事・整備・点検などを行う専門家。資格は甲種と乙種に分かれ、さらに甲種は特類・1~5類の6種と乙種は1~7類の7種に分かれており、扱える消防用設備等が異なる。甲種消防設備士は、消防用設備等または特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができる。




消防設備士追加情報


【甲種特類】
甲種第1類から第3類までのいずれか1つ、甲種第4類および甲種第5類の3種類以上の免状の交付を受けている者
【甲種1~5類】
学歴・取得資格によって細かく定められている。詳しくはこちら
【乙種】
制限なし


各都道府県によって異なる


各都道府県によって異なる


【甲種】5,000円
【乙種】3,400円


(財)消防試験研究センター