ティーインストラクター

資格区分難易度合格率
[3級(ジュニア)]85.1%
(H16)

ティーインストラクターとは、紅茶の知識やおいしい入れ方やなどを教えるスペシャリスト。1年間の養成研修を受け、認定試験に合格後、日本紅茶協会に登録すると資格が取得できる。養成研修には毎週参加する必要がある。資格には1級(マスター)・2級(シニア)・3級(ジュニア)があるが、当ページのデータは3級(ジュニア)のもの。1級・2級は資格取得後、それぞれ10年・5年の実務経験を持ち、所定の条件をクリアすることにより認定される。




ティーインストラクター追加情報


全養成研修に参加できる者


4月~翌年3月
※8月は休み。研修は毎週木曜日の13:30~16:30に行われる。


お問い合わせ先までご確認下さい。


■受講料…270,000円
■認定試験料…10,000円


日本紅茶協会