弁当サービス管理士

資格区分難易度合格率
約70%(全体)
(H16)

弁当サービス管理士とは、弁当の質の向上により、消費者の安心と健康を提供することを目的とした資格。資格は特級・1級・2級に分かれ、1ヶ月の自修学習と1~2日のスクリーニングの参加後、1級・2級は認定試験を受け、特級は論文を提出し、合格すると資格が取得できる。




弁当サービス管理士追加情報


学歴により、以下の実務経験を有する者。いずれの場合も企業の推薦が必要
【特級】大学卒は4年、短大・専門(2年制)は6年、高校卒は8年、中学卒は11年
【1級】大学卒は2年、短大・専門(2年制)は4年、高校卒は6年、中学卒は9年
【2級】大学卒は1年、短大・専門(2年制)は3年、高校卒は5年、中学卒は8年


■自修学習…7月1日~7月31日
■スクリーニング…8月の土日(2級は1日)
■認定試験…8月


お問い合わせ先までご確認下さい。


【特級】会員50,000円、賛助会員60,000円、非会員企業70,000円
【1級】会員30,000円、賛助会員40,000円、非会員企業50,000円
【2級】会員20,000円、賛助会員30,000円、非会員企業40,000円


(社)日本弁当サービス協会