救急救命士

資格区分難易度合格率
88.2%
(H17)

救急救命士とは、救急現場や救急車内で、医師の指導のもとに輸液や気道の確保などの救急救命処置を行うスペシャリスト。一刻を争う責任の重い仕事であり、また最近は救命率向上のために措置できる範囲が拡大しており、ますます重要な業務になってきている。




救急救命士追加情報


1. 大学入学を有する者で、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の救急救命士養成所において2年間必要な知識および技能を修得した者
2. 大学で1年以上(高専は4年以上)修業し指定科目を修めた者で、養成所において1年以上必要な知識および技能を修得した者
3. 大学で指定科目を修めて卒業した者
4. 所定の救急業務講習を修了し、5年の救急業務または2,000時間の救急活動に従事した者で、養成所で1年以上必要な知識および技能を修得した者
など


3月、9月


試験日から約1ヵ月後


33,600円


(財)日本救急医療財団 Tel:03(3835)0099
厚生労働省