日本語文書処理技能検定(日商文書技能検定)

資格区分難易度合格率
[1級]14.8%
[2級]38.2%
[3級]63.6%
(H16)

日本語文書処理技能検定(日商文書技能検定)とは、ビジネス社会で求められるパソコンを使った文書の作成能力を認定する検定試験。試験は1級から3級に分かれており、3級では見積書や連絡文書、2級では販売促進資料やプレゼンテーション資料、1級では企画書や詫び状などを作成できるレベルが求められる。




日本語文書処理技能検定(日商文書技能検定)追加情報


制限なし


【1級】10月
【2級】5月、10月
【3級】随時


お問い合わせ先までご確認下さい


【1級】9,690円
【2級】8,160円
【3級】6,120円


商工会議所