建築CAD検定

資格区分難易度合格率
[2級]47.0%
[3級]72.5%
[4級]95.8%
(H17/4)

建築CAD検定とは、建築図面作成のやトレースなどCADの実践力を図るための検定試験。主として汎用CADを使用し、課題として提出されたCAD図面の正しい理解力と、CAD入力技術に的を絞った試験内容となっている。試験は2級・3級・4級が実施されており、いずれも実技試験のみが行われる。




建築CAD検定追加情報


制限なし
※ただし4級は高校団体受験のみ


4月、10月


お問い合わせ先までご確認下さい


10,000円


中間法人 全国建築CAD連盟