安全潜水管理者

資格区分難易度合格率
約95%

安全潜水管理者とは、ダイビングスクール等において、適切な安全管理対策を講じ、ダイバーの安全を確保する専門家。安全講習や器具の整備・点検、潜水計画の作成などを行う。3日間の講習を受講し、試験に合格することで資格が取得できる。




安全潜水管理者追加情報


講習の受講資格は年齢が25才以上で、インストラクターとして2年以上またはガイドダイバーとして3年以上の業務経験を有する者など


年1,2回


お問い合わせ先までご確認下さい


■受講料…40,000円
※登録料10,000円


(財)日本海洋レジャー安全・振興協会