警備員

資格区分難易度合格率
[全体総計]72.5%
(H17/6月現在)

警備員とは、会社の警備や一般住宅や工事現場の交通整理、イベントの誘導など行う者。資格の種類は常駐警備・交通誘導警備・貴重品運搬警備・核燃料物質等運搬警備があり、それぞれ1級・2級に分かれている。資格を取得するには公安委員会が実施する検定試験に合格するか、(社)全国警備業界が主催する講習(16時間)を受講し、修了考査に合格する方法がある。このページのデータは(社)全国警備業界のもの。




警備員追加情報


【1級】2級検定合格後、当該警備実務経験1年以上の者
【2級】警備員新任教育(30時間)を受けた満18歳以上の者


都道府県により異なる


お問い合わせ先までご確認下さい


31,500円


(社)全国警備業協会