小型船舶操縦士

資格区分難易度合格率
約80%

小型船舶操縦士とは、ボート・ヨット・クルーザー・水上オートバイなどを運転できる免許。免許の種類は船の大きさ・種類・航行区域などの違いで4種類に分かれる。1級・2級・2級(湖川小出力限定)はボート・ヨットなどの免許、特殊は水上オートバイの免許となる。マリンスポーツや釣りなどで人気が高い資格。




小型船舶操縦士追加情報


【1級】17歳9ヶ月以上の者
【2級・2級(湖川小出力限定)・特殊】15歳9ヶ月以上の者
※ただし、2級免許者のうち18歳未満の者は操船できる船舶が5トン未満の船に限定される。18歳の誕生日を過ぎればは20トン未満の操船が可能となる。


試験地によって異なるが、1級・2級は週1回程度。湖川小出力・特殊は月1回程度。


試験日翌週の木曜日


身体検査はいずれも3,200円
【1級】学科試験…5,900円、実技試験…18,600円
【2級】学科試験…3,000円、実技試験…18,600円
【2級(湖川小出力限定)】学科試験…2,200円、実技試験…14,700円
【特殊】学科試験…2,600円、実技試験…16,000円


(財)日本海洋レジャー安全・振興協会