コンクリート技士/コンクリート主任技士

資格区分難易度合格率
[技士]30.3%
[主任技士]12.2%
(H16)

コンクリート技士とは、コンクリートの製造・施工・検査・管理などを行う技術者。コンクリート主任技士とは、コンクリートの製造・工事・研究における計画・施工管理を行う専門家。試験内容はコンクリート技士は筆記のみ、コンクリート主任技士は筆記と口述が実施される。




コンクリート技士/コンクリート主任技士追加情報


以下のいずれかに該当する者。()内はコンクリート主任技士。
1. コンクリート技術関係業務の実務経験3年(7年)以上の者
2. 大学・高専で、土木工学または建築学に関する学科を卒業、あるいはコンクリート技術に関する科目を履修して卒業し、実務経験2年(4年)以上の者
3. 工業高校・実業学校で土木工学または建築学に関する学科を卒業し、実務経験2年(5年)以上の者
4. 高校で、コンクリート技術に関する科目を履修して卒業し、実務経験2年(5年)以上の者


■筆記試験…11月下旬
■口述試験…翌年1月中旬(主任技士のみ)


■筆記試験…12月下旬
■口述試験…翌年1月下旬(主任技士のみ)


【コンクリート技士】8,400円
【コンクリート主任技士】
■筆記試験…10,500円
■口述試験…8,400円


(社)日本コンクリート工学協会