気象大学校学生

資格区分難易度合格率
7.2%
(H16)

気象大学校学生とは、気象庁の将来の幹部職員になるため、気象に関する専門的知識、技術などを学ぶ者。気象大学校で4年間教育を受けたあと、気象庁または全国各地の気象台などに配属され、観測、調査、予報及び研究などの気象業務に従事する。当ページのデータは気象大学校入学のもの。




気象大学校学生追加情報


受験年4月1日現在20歳未満の者で、以下のいずれかに該当する者
1. 高等学校を卒業した者および翌年3月までに高等学校を卒業する見込みの者
2. 中等教育学校を卒業した者および翌年3月までに中等教育学校を卒業する見込みの者
3. 高等専門学校の第3学年の課程を修了した者および翌年3月までに高等専門学校の第3学年の課程を修了する見込みの者
4. 人事院が1、2と同等の資格があると認める者


■1次試験…11月の2日間
■2次試験…12月中旬


■1次試験…12月上旬
■2次試験…翌年1月


無料


人事院