国会議員政策担当秘書

資格区分難易度合格率
4.4%
(H16)

国会議員政策担当秘書とは、国会議員の政策立案・立法活動などを専門的な立場から補佐する特別職国家公務員。資料の収集分析や作成などが職務となる。ただし資格試験に合格しても、採用が保証されるわけではなく、採用・解職は国会議員が決定する。




国会議員政策担当秘書追加情報


1. 大学を卒業した者および受験年の翌年3月までに大学卒業見込みの者
2. 国会議員政策担当秘書資格試験委員会が1と同等以上の学力があると認める者

※ただし以下のいずれかに該当する者は受験できない
1. 日本国籍を有しない者
2. 成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)
3. 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わらない者又は執行を受けることがなくなるまでの者
4. 公務員として懲戒免職の処分に処せられ、当該処分の日から2年を経過しない者


■1次試験…7月上旬
■2次試験…8月下旬


■1次試験…8月中旬
■2次試験…9月上旬


無料


衆議院事務局
参議院事務局