電気通信主任技術者

資格区分難易度合格率
20.4%
(H16)

電気通信主任技術者とは電気通信ネットワークの工事、維持及び運用の監督を行う技術者。資格は伝送交換主任技術者と線路主任技術者に分かれ、それぞれ監督できる範囲が異なる。これらの資格どちらも4科目の試験に合格しなければならないが、科目合格制であり、2年以内に4科目すべてに合格すれば資格を取得できる。電気通信サービスの発展が進む今、ニーズは拡大している。




電気通信主任技術者追加情報


制限なし


2月、7月


試験日から約3週間後


18,700円


(財)日本データ通信協会