気象予報士

資格区分難易度合格率
4.3%
(H16)

気象予報士とは、観測されたデータを総合的に判断し、気象予報を行う専門家。1995年の気象業務法の改正により、民間企業でも気象の予想を行えるようになったため、ニーズは高まっている。




気象予報士追加情報


制限なし


1月、8月


試験日から2ヶ月以内


11,400円


(財)気象業務支援センター