調理師

資格区分難易度合格率
約50~60%

調理師とは、調理師の名称を用いて調理の業務 に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者。試験では料理人として必要な衛星・栄養・食品学などについて必要な知識を問われる。飲食店に限らず、ホテル・旅館・病院など、活躍の場は幅広い。資格を取るには調理師試験に合格する方法と養成施設を卒業する方法がある。




調理師追加情報


下記の学歴のいずれかの条件を満たし、さらに職歴の条件を満たした者

■学歴
1. 中学校卒業者
2. 小学校卒業者で、5年以上調理業務経験者
4. 各種外国人学校(中等部)卒業者で、厚生労働大臣に上記1と同等以上の学力があると認定された者

■職歴
以下のいずれかで2年以上調理業務経験者(ただし学歴が2の場合は通算7年以上)。
1. 学校、病院、寮などの給食施設(継続して1回20食以上又は1日50食以上調理する施設)
2. 飲食店(旅館、簡易宿泊所を含む)
3. 惣菜製造業
4. 魚介類販売業


各都道府県によって異なる


各都道府県によって異なる


各都道府県によって異なる


各都道府県の担当部署