危険物取扱者

資格区分難易度合格率
[甲種]29.7%
[乙種]40.2%
[丙種]55.3%
(H16)

危険物取扱者とは、発火性・引火性の強い危険物を取り扱う現場で保安の監督をする専門家。甲種・乙種・丙種の3種類があり、乙種はさらに6種に分かれ、試験に合格した危険物のみ取り扱える。甲種は全種類の危険物が取り扱える。ガソリンスタンドや工場など活躍の場は広い。




危険物取扱者追加情報


次のいずれかに該当する者
【甲種】
1. 大学、短大、専門、高校で、機械・電気・建築・土木、化学の学科を修了した者
2. 乙種危険物取扱者として、2年以上の実務経験者

【乙種・丙種】
制限なし


【甲種】
1. 危険物に関する法令
2. 物理学及び化学
3. 危険物の性質とその火災予防及び消火の方法

【乙種】
1. 危険物に関する法令
2. 基礎的物理学及び化学
3. 危険物の性質とその火災予防及び消火の方法

【丙種】
1. 危険物に関する法令
2. 燃焼・消火に関する基礎知識
3. 危険物の性質とその火災予防及び消火の方法


各都道府県によって異なる


各都道府県によって異なる


【甲種】5,000円
【乙種】3,400円
【丙種】2,700円


(財)消防試験研究センター