ホームヘルパー

資格区分難易度合格率
約100%

ホームヘルパーとは、自立生活が困難な高齢者や身体障害者の自宅を訪問し、食事・入浴・排泄などの介護や、家事援助サービスを提供する専門家。実際に現場で働くには2級以上の取得が必要となる。




ホームヘルパー追加情報


【1級】2級取得後1年以上ホームヘルパーとして活動した者
【2級・3級】制限なし


試験はなく、講習を受講すれば資格取得できる。

【1級】履修時間230時間(講義84時間・実技62時間・実習84時間)
チーム運営方式の主任ヘルパー等の基幹的ヘルパーの養成研修

【2級】履修時間130時間(講義58時間・実技42時間・実習30時間)
ホームヘルプサービス事業従事者の基本研修

【3級】履修時間50時間(講義25時間・実技17時間・実習8時間)
ホームヘルビス事業入門研修

※講義・実技・実習の内容
■講議…社会福祉に関する知識、介護概論、医学基礎知識など
■実技…ケア計画の作成、介護技術など
■実習…在宅サービス提供現場見学、施設介護実習など


各実施団体によって異なる


-


各実施団体によって異なる


各自治体の福祉担当課または福祉人材センター