銀行業務検定

資格区分難易度合格率
[2級]25%前後
[3級]35%前後
[4級]60%前後
(種目による)

銀行業務検定とは、金融業界職員の実務能力水準の向上を目的とした検定試験。銀行・保健・証券などの業務を追行するのに必要な知識・技能の習熟度を測る試験で、金融機関の研修の一部として導入されることも多い。金融業界以外の社会人や学生などの受験も増えてきている。




銀行業務検定追加情報


制限なし


以下の22系統の試験がある。2級~4級などに分かれているものもあり、計35種目の試験がある。
2級は記述式、3級・4級はマークシート方式が多い。

1. 法務
2. 財務
3. 税務
4. 外国為替
5. 証券
6. 法人融資渉外
7. 個人融資渉外
8. 金融経済
9. 信託実務
10.ファイナンシャル・アドバイザー
11. アシスタント・ファイナンシャル・アドバイザー
12. 年金アドバイザー
13. 営業店管理
14. デリバティブ
15. 融資管理
16. 投資信託
17. 保険販売
18. 確定拠出年金アドバイザー
19. 経営支援アドバイザー
20. 金融リスクマネジメント
21. 窓口セールス
22. 預かり資産アドバイザー


3月第1日曜日、6月第1日曜日、10月第4日曜日
※試験日により実施される試験種目が異なる。


問い合わせ先までご確認ください


種目により異なり、1,575円~12,600円。
2級5,250円、3級3,150円、4級1,575円が多い。


銀行業務検定協会