旅行業英語検定

資格区分難易度合格率
-

旅行業英語検定とは、ツアーコンダクターやホテルスタッフなど、旅行業務に携わる人の英語活用能力を評価する試験。スコアによってA・B・C・Dの4グレードで評価され、Aグレードは高度の添乗業務・海外駐在が支障なくできるレベル。




旅行業英語検定追加情報


制限なし


【リーディング】(リーディングとライティングで100分)
1. 語彙(20問)
2. 引用節の理解(20問)
3. 論説(10問)

【ライティング】
1. 構文(20問)
2. 文法(20問)
3. 作文(記述式10問)

【リスニング】(40分)
1. 対話の理解(20問)
2. 物語の理解(20問)
3. 書き取り(記述式10問)


5月下旬、11月下旬


結果は A~E の5グレード (A:136点以上、B:113点~135点、C:93点~112点、D:75点~92点、E:74点以下) で判定し、パーソナルレコード(個人用成績通知票)を、受験者あてに通知。


5,500円


(株)ジェイティービー能力開発