法務教官

資格区分難易度合格率
[教官A]6.0%
[教官B]3.2%
(H16)

法務教官とは、少年院や少年鑑別所に勤務し、非行を犯した少年少女を社会復帰させることを使命とする。深い慈愛と専門的知識に基づき、面接・相談助言・生活指導などの業務に従事する。法務教官は教官Aと教官Bに分かれており、教官Aは主として男子被収容者、教官Bは主として女子被収容者を対象として職務を行う。




法務教官追加情報


1. 受験年の4月1日現在の年齢が、21歳以上29歳未満の者。
2. 受験年の4月1日現在の年齢が21歳未満の者で、大学・短期大学・高等専門学校を卒業した者および受験をする翌年3月までに卒業見込みの者、または人事院がこれらの者と同等の資格があると認める者
※教官Aは男子、教官Bは女子に限る


【1次試験】6月
【2次試験】7月中旬の2日間


【1次試験】7月上旬
【2次試験】8月


無料


人事院