ボイラー溶接士

資格区分難易度合格率
[特別学科]27.3%
[特別実技]87.7%
[普通学科]38.7%
[普通実技]57.2%
(H16)

ボイラー溶接士とは、ボイラーまたは第1種圧力容器の製造、改造、修繕などの作業を行う。特別ボイラー溶接士はすべての溶接作業を行えるが、普通ボイラー溶接士は扱える溶接部の厚さが25mm以下に限られている。




ボイラー溶接士追加情報


【特別ボイラー溶接士】
普通ボイラー溶接士免許を受けた後、1年以上ボイラー又は第1種圧力容器の溶接作業の経験がある者(ガス溶接、自動溶接を除く。)
【普通ボイラー溶接士】
1年以上溶接作業の経験がある者(ガス溶接・自動溶接を除く。)


年2回(9月、3月)


試験日から10日以内


■学科試験…8,300円
■実技試験
【特別ボイラー溶接士】21,800円
【普通ボイラー溶接士】18,900円


(財)安全衛生技術試験協会