ボイラー整備士

資格区分難易度合格率
54.7%
(H16)

ボイラー整備士とは、ボイラーの安全整備や清掃を行う専門家。全ボイラー及び第1種圧力容器を扱うことができる。試験は筆記のみで、ボイラー技士免許取得者と職業訓練の準則、専修訓練のうちボイラー運転科を修了した者は試験科目の一部が免除される。




ボイラー整備士追加情報


1. ボイラー(小規模ボイラー及び小型ボイラーを除く)又は第1種圧力容器(小規模第1種圧力容器及び小型圧力容器を除く)の整備の補助業務に6月以上従事した者
2. 小規模ボイラー又は小規模第1種圧力容器の整備の業務に6月以上従事した者
3. 準則経験(職業経験)でボイラー運転科課程を修了した者
4. 専修経験(職業経験)でボイラー運転科課程を修了した者


各地区で異なる(年2,3回)


試験日から10日以内


8,300円


(財)安全衛生技術試験協会