編物技能検定

資格区分難易度合格率
約98%

編物技能検定とは、手編機または手編による編物の検定試験。編物技術教育の向上と発展及び技術指導者の育成を目的として行われている。初級から専門級まで4段階の試験がある。試験の前に指定された作品を提出しておかなくてはいけない。




編物技能検定追加情報


制限なし


7月第2日曜日


8月


【専門級】10,000円
【上級】6,000円
【中級】3,500円
【初級】2,500円


(財)日本編物教育協会 Tel:03-3837-9081