歯科技工士

資格区分難易度合格率
98.5%
(H16)

歯科技工士とは、入れ歯、さし歯、金冠、矯正装置などの作成、修理、加工を行う技術者。試験は学説試験と実地試験が行われ、実地試験では歯科技工実技が課される。高齢化や食生活の変化などにより、ニーズが高まっていくと予想される。




歯科技工士追加情報


1. 文部科学大臣の指定した歯科技工士学校を卒業した者、又は卒業見込みの者。
2. 厚生労働大臣の指定した歯科技工士養成所を卒業した者、又は卒業見込みの者。
3. 歯科医師国家試験又は歯科医師国家試験予備試験を受験することができる者。
4. 外国の歯科技工学校卒業又は、免許を得た者で1,2と同等以上と認定された者。


都道府県によって異なる


都道府県によって異なる


都道府県によって異なる


各都道府県の試験担当課