海上無線通信士

資格区分難易度合格率
[1級]34.5%
[2級]29.3%
[3級]37.6%
[4級]40.4%
(H16)

海上無線通信士とは、漁業・船舶の安全な航海のための無線通信に必要な資格。1級から3級はGMDSS(海上における遭難及び安全の世界的な制度)の導入に対応して設けられた資格で、GMDSS対応の船舶局・GMDSS対応の海岸局等の無線設備を扱うことができる。4級はGMDDSSには対応しておらず、船舶の無線電話局が主な従事場所となる。




海上無線通信士追加情報


制限なし


【1級・2級・3級】3月、9月
【4級】2月、8月


お問い合わせ先へご確認下さい


【1級】15,480円
【2級】13,680円
【3級】8,880円
【4級】7,080円


(財)日本無線協会