ワインアドバイザー/ワインエキスパート

資格区分難易度合格率
[ワインアドバイザー]
32.1%
[ワインエキスパート]
47.9%
(H16)

ワインアドバイザーとは、実務経験を持つ現役のワインのスペシャリストとして認定される資格。ワインエキスパートは、愛好家や実務経験のない人を対象とした資格。試験はどちらの資格も1次試験と2次試験が行われ、1次試験はワインの知識や公衆衛生・食品保健などを問う筆記試験、2次試験は口頭試問・きき酒が実施される。




ワインアドバイザー/ワインエキスパート追加情報


【ワインアドバイザー】
1. 以下の業務経験が通算3年以上あり、現在も従事している者
2. 以下の業務経験が通算2年以上あり、現在も従事しているかつ、日本ソムリエ協会正会員として2年以上経過している者

■対象となる業務
①酒類製造及び販売、コンサルタントなどの流通業
②調理従事者
③アルコール飲料を含む飲食に関する専門学校などの教育機関における講師
④ワイン、アルコール飲料を扱う料理教室主宰者

【ワインエキスパート】
ワインの品質判定に的確なる見識を持つ20才以上の者。 職種、経験は不問


【1次試験】8月
【2次試験】9月


【1次試験】試験日から約2週間後
【2次試験】試験日から約2週間後


一般…12,100円
会員…6,100円


日本ソムリエ協会