MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

資格区分難易度合格率
79.9%
(H15)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、マイクロソフトオフィス製品の利用能力を認定する試験。試験はアプリケーション・バージョンごとに設定されている。多くの企業で利用されているため、業種を問わず実務能力の証明になる。




MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)追加情報


制限なし


【アプリケーションのバージョン】
Office 2003 Editions、Office XP、Office 2000
【アプリケーションの種類】
Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook

試験は上の組み合わせだけ種類があります(例 Word 2000,Excel 2003など)。
Word、Excelにはスペシャリストレベルとエキスパートレベルがあり、それ以外はスペシャリストレベルのみとなります。
それぞれの試験範囲はこちら


全国一斉試験:月2回(第1日曜日、第3日曜日)
随時試験:各試験実施会場が設定する任意の日


当日


【スペシャリストレベル】10,290円
【エキスパートレベル】12,390円


マイクロソフト・ラーニング