ITコーディネータ

資格区分難易度合格率
56.0%
(H17)

ITコーディネータとは、経営者の立場に立って経営とITの橋渡しを行い、経営に役立つIT投資を推進・支援する専門家。ITコーディネータになるにはまずITコーディネータ補試験に合格・ケース研修の修了し、ITコーディネータ補の資格を得ることから始まる。その後、実務経験と継続学習を行い、必要ポイントを貯めることにより、ITコーディネータへ昇格できる。またITコーディネータを取得しても継続学習を行い、毎年更新をする必要がある。




ITコーディネータ追加情報


制限はないが、ITコーディネータに必要な専門知識を有している者


【ITC補試験】5月、11月
【ケース研修】4~7月の15日間。以降3~4ヶ月ごとに年3回実施


【ITC補試験】7月


【ITC補試験】21,000円
【ケース研修】525,000円
【ITC補・ITC認定登録料】各21,000円


ITコーディネータ協会