CGクリエイター検定

資格区分難易度合格率
未定

CGクリエイター検定とは、豊かなイメージで効果的に表現できるクリエイターを育成する目的で始まった検定試験。ディジタル映像部門ではCGによるディジタル映像制作を行うために必要な能力を、Webデザイン部門ではWeb作成に必要なインターフェースや効果的な表現などの能力を問う。




CGクリエイター検定追加情報


制限なし


【1級】
未発表(2005年7月現在)。2006年前期から実施。

【デジタル映像部門2級】(マークシート形式120分10問)
1. 写真撮影
2. 動画撮影
3. 映像編集
4. モデリング
5. マテリアル
6. アニメーション
7. シーン構築
8. プロダクションワーク
9. 数理造形
10. 映像制作を支える技術
11. 知的財産権

【Webデザイン部門2級】(マークシート形式120分10問)
1. 情報とコミュニケーション
2. コンセプトメイキング
3. 情報の構造
4. ページデザイン
5. 動きと音の効果
6. インタフェース
7. テストと評価
8. コミュニケーションデザインの展開
9. 関連知識

【3級】(マークシート形式70分10問)
1. コミュニケーションと情報
2. プレゼンテーション
3. Webにおける情報デザイン 
4. 映像制作
5. コンピュータグラフィックス
6. 表現の基礎
7. 技術の基礎
8. 関連知識


年2回(6月、11月)


お問い合わせ先までご確認下さい


【1級】未発表(2005年7月現在)
【2級】5,000円
【3級】4,000円


CG-ARTS協会