医療事務技能審査(メディカルクラーク)

資格区分難易度合格率
53.0%(全体)
(H16)

医療事務技能審査(メディカルクラーク)とは、窓口会計や診療報酬請求などの事務処理を行うのに必要な知識・技能を認定する試験。患者接遇や院内コミュニケーション能力も要求される。合格者にはメディカルクラークの称号が付与される。




医療事務技能審査(メディカルクラーク)追加情報


【1級】
1. 2級合格者で、医療機関等において医療事務職としての実務経験が1年6ヵ月以上の者
2. 教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により認める「1級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
3. 医療機関等において医療事務職として3年以上の実務経験者

【2級】
1. 教育機関等が行う教育訓練のうち、審査委員会が審査規程により認める「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
2. 医療機関等において医療事務職として6ヵ月以上の実務経験を有する者


【1級】
1. 実技Ⅰ(記述式50分)接遇、コミュニケーション
2. 実技Ⅱ(明細書作成・点検70分)診療報酬請求明細書作成・点検
3. 学科(択一式60分)医療事務専門知識

【2級】
1. 実技Ⅰ(記述式50分)接遇、コミュニケーション
2. 実技Ⅱ(明細書作成・点検70分)診療報酬請求明細書作成・点検
3. 学科(択一式60分)医療事務専門知識


【1級】年2回(6、12月)
【2級】年8回(2、4、6、7、8、9、10、12月)



試験から約1ヵ月後


【1級】6,500円
【2級】6,500円


(財)日本医療教育財団