言語聴覚士

資格区分難易度合格率
55.8%
(H17)

言語聴覚士とは、言語・聴覚に障害がある人の機能回復を手助けするスペシャリスト。機能の維持向上を図るため、言語訓練やこれに必要な検査や助言・指導・援助を行う。有資格者が少なく、需要が非常に高い資格である。




言語聴覚士追加情報


1. 大学入学資格を有し、指定学校・視能訓練養成所で3年以上勉強し、技能・知識を習得した者。
2. 大学等で2年または高専で5年以上修業し指定科目を修め、指定学校・療養所で1年以上必要な知識・技能を修得した者。
3. 大学等で1年または高専で4年以上修業し指定科目を修め、指定学校・療養所で2年以上必要な知識・技能を修得した者。
4. 大学で指定科目を修了し卒業した者
など
詳しくはお問い合わせ先で調べること


1. 基礎医学
2. 臨床医学
3. 臨床歯科医学
4. 音声・言語・聴覚医学
5. 心理学
6. 音声・言語学
7. 社会福祉・教育
8. 言語聴覚障害学総論
9. 失語・高次脳機能障害学
10. 言語発達障害学
11. 発生・発語・嚥下障害学
12. 聴覚障害学


2月下旬


4月下旬


35,700円


(財)医療研修推進財団