介護福祉士

資格区分難易度合格率
42.6%
(H17)

介護福祉士とは、高齢者や障害者の食事・入浴・排泄の手伝いをする介護のプロ。家族に適切なアドバイスを与えるのも大切な役割。資格を取得するには、厚生労働大臣指定の養成校を卒業するか、国家資格に合格する2通りの方法がある。




介護福祉士追加情報


次のいずれかの条件に当てはまる者
1. 特別養護老人ホームや介護老人保健施設や、居宅への訪問介護員などで3年以上介護などの業務に従事した者
2. 高校等(専攻科を含む)で福祉に関する所定の教科目および単位を修めて卒業した者、または卒業見込みの者


【筆記試験】
1. 社会福祉概論
2. 老人福祉論
3. 障害者福祉論
4. リハビリテーション論
5. 社会福祉援助技術(演習を含む)
6. レクリエーション活動援助法
7. 老人・障害者の心理
8. 家政学概論
9. 医学一般
10. 精神保健
11. 介護概論
12. 介護技術
13. 形態別介護技術

【実技試験】
介護に関する専門技能


【筆記試験】1月下旬
【実技試験】3月上旬


3月下旬


13.300円


(財)社会福祉振興・試験センター