介護支援専門員(ケアマネージャー)

資格区分難易度合格率
30.3%
(H16)

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは、介護を受ける人やその家族のニーズに合わせて、ケアプランを作成する専門家。要介護認定申請の代行業務も行い、介護保険制度の運用に欠かせない存在。住宅介護支援事業者はケアマネージャーの配置が義務づけられている。




介護支援専門員(ケアマネージャー)追加情報


1. 医師、歯科医、薬剤師、保健婦、保健士、助産婦、看護婦、看護士、准看護婦、準看護士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義足装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(営養管理士を含む)、柔道整復師、精神保健福祉士の資格を持ち、福祉・医療等の施設で5年以上の職歴がある者
2. 資格ない人でも、所定の福祉施設での介護等に従事した機関が10年以上の者
3. 所定の福祉施設における相談援助業務に従事した期間が通算5年以上の者
など


【介護支援分野】
1. 基本視点
2. 介護保険制度
3. 要介護・要支援認定特論
4. 介護支援サービス機能・要介護認定方法論

【保健医療福祉サービス分野】
1. 高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病・障害
2. 訪問介護方法論
3. 通所介護方法論
4. 短期入所生活介護方法論
5. 福祉用具、住宅改修方法論
6. 指定介護老人福祉施設サービス方法論
7. 公的サービス、社会資源導入方法論
など

※保健・医療・福祉関係の有資格者は、所有資格の種類によって一部科目免除があります。


10月下旬


都道府県によって異なるが11月頃


都道府県によって異なるが6000円~9000円程度


各都道府県の担当課