社会福祉士

資格区分難易度合格率
29.8%
(H17)

社会福祉士とは、高齢者や身体障害者の福祉に関する相談に応じ、助言・指導・援助をする専門家。活動分野は広範囲で、職場も各種福祉施設・社会福祉協議会・児童相談所・医療機関など多岐に渡る。




社会福祉士追加情報


1. 4年制大学で指定科目を修めて卒業した者。
2. 3年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した者。
3. 社会福祉士一般養成施設において1年以上必要な知識と技能を取得した者。
4. 児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者。


1. 社会福祉原論
2. 社会保障論
3. 公的扶助論
4. 地域福祉論
5. 心理学
6. 社会学
7. 法学
8. 医学一般
9. 老人福祉論
10. 障害者福祉論
11. 児童福祉論
12. 社会福祉援助技術
13. 介護概論

※精神保健福祉士の有資格者は、申請により上記科目のうち1~8が免除される


1月下旬


3月末日


12,100円


(財)社会福祉振興・試験センター