宅地建物取引主任者

資格区分難易度合格率
15.9%
(H16)

宅地建物取引主任者とは、公正で円滑な不動産取引を遂行する専門家。不動産業界から一般企業まで活躍の場が広い。宅地建物取引業者は、事務所ごとに5人に1人の割合で専任の取引主任者の設置義務があるため、安定した需要があり、受験者数が多い人気のある資格。




宅地建物取引主任者追加情報


制限なし


四者択一式120分50問
1. 土地の形質、地積、地目、種目、建物の形質、構造、種別
2. 建物の権利、権利の変動に関する法令
3. 土地・建物についての法令上の制限
4. 宅地・建物についての税法
5. 宅地・建物についての需給法令・実務
6. 宅地・建物の価格についての評定
7. 宅地建物取引業・関連法令


10月第3日曜日


12月上旬


7,000円


(財)不動産適正取引推進機構