司法試験

資格区分難易度合格率
[1次]2.3%
(H17)
[2次]2.97%
(H16)

司法試験とは、弁護士・裁判官・検察官の法曹三者になるための試験。日本最難関の試験と言われる国家資格。2004年にはロースクール(法科大学院)が開校し、2006年には新司法試験もスタートした。試験合格後は1年半の司法修習を受け、修習修了後の試験に合格して有資格者となる。




司法試験追加情報


【1次試験】制限なし
【2次試験】1次試験合格者または1次試験免除者(大学で学士の学位を得るのに必要な一般教養科目の学習を終えた者)


【1次試験】
1. 一般教養科目
人文科学関係・・・・哲学、倫理学、歴史学、人文地理学、文学等
社会科学関係・・・・方角、政治学、経済学、社会学等
自然科学関係・・・・数学、物理学、科学、地学、生物学等
2. 外国語
英語、仏語、独語、露語、中国語から1つ選択

【2次試験】
1. 短答式試験・・・・憲法、民法、刑法
2. 論文式試験・・・・憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法
3. 口述試験・・・・憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法


【1次試験】
1月上旬
【2次試験】
1. 短答式試験・・・・5月上旬頃
2. 論文式試験・・・・7月上旬頃の2日間
3. 口述試験・・・・10月中旬頃の5日間


【1次試験】
2月中旬
【2次試験】
1. 短答式試験・・・・5月下旬頃
2. 論文式試験・・・・9月下旬頃
3. 口述試験・・・・11月中旬頃



【1次試験】8,600円
【2次試験】11,500円



司法試験管理委員会