管工事施工管理技士

資格区分難易度合格率
[1級学科]30.4%
[1級実地]69.7%
[2級学科]52.7%
[2級実地]42.9%
(H16)

管工事施工管理技士とは、建設工事のうち給水・排水管工事、空調工事、ガス配管工事など幅広い管工事を受け持つ技術者。1級は管工事の指導的監督業務を行い、2級は技術者として施工管理に携わる。一定予算額以上の工事を請け負う場合は1級の有資格者を配置する必要がある。




管工事施工管理技士追加情報


【1級】
学歴に応じて1年以上の指導監督的実務経験を含む一定の実務経験が必要。()内は指定学科以外の必要実務経験
1. 大学の指定学科を卒業後、3年以上(4年6ヶ月)の実務経験者
2. 短大・高専の指定学科を卒業後、5年以上(7年6ヶ月)の実務経験者
3. 高校の指定学科を卒業後、10年以上(11年6ヶ月)の実務経験者
4. その他の者15年以上の実務経験者
など
【2級】
学歴に応じて一定の実務経験が必要。()内は指定学科以外の必要実務経験
1. 大学の指定学科を卒業後、1年以上(1年6ヶ月)の実務経験者
2. 短大・高専の指定学科を卒業後、2年以上(3年)の実務経験者
3. 高校の指定学科を卒業後、3年以上(4年6ヶ月)の実務経験者
4. その他の者8年以上の実務経験者


【1級】
■学科試験…9月
■実地試験…12月
【2級】
9月(学科試験と実地試験同日)


【1級】
■学科試験…10月
■実地試験…翌年2月
【2級】
12月


【1級】
■学科試験…8,500円
■実地試験…8,500円
【2級】
8,500円


(社)全国建築研修センター