昇降機検査資格者

資格区分難易度合格率
非公表

昇降機検査資格者とは、エレベーター・エスカレーターなどの昇降機やジェットコースター・観覧車などの遊技施設を定期的に検査し、特定行政庁への報告を行う専門家。資格を取得するには国土交通大臣指定の4日間の講習を受講し、修了考査に合格する必要がある。




昇降機検査資格者追加情報


1. 大学で指定された課程を修め卒業し、昇降機・遊戯施設に関して2年以上の実務経験がある者
2. 3年制短大で指定された課程を修め卒業し、昇降機・遊戯施設に関して3年以上の実務経験がある者
3. 2以外の短大・高専で指定された課程を修め卒業し、昇降機・遊戯施設に関して4年以上の実務経験がある者
4. 高校で指定された課程を修め卒業し、昇降機・遊戯施設に関して7年以上の実務経験がある者
5. 昇降機・遊戯施設に関して11年以上の実務経験がある者
など。その他詳しく定められている。

※指定された課程とは正規の機械工学・電気工学またはこれらに相当する課程


■講習…10~12月上旬の4日間


12月下旬


42,000円


(財)日本建築設備・昇降機センター