建築設備検査資格者

資格区分難易度合格率
非公表

建築設備検査資格者とは、換気設備、排煙設備、給水・排水設備などの建築設備の定期点検行う専門家。建築設備検査資格者は調査結果を行政に報告することが義務づけられている。資格を取得するには、講習を受け、最終日の修了考査に合格する必要がある。




建築設備検査資格者追加情報


建築学、機械工学、電器工学に関する課程を修め、1~4の条件を満たす者、または5~7に該当する者
1. 大学卒業後、建築設備に関する2年以上の実務経験を有する者
2. 修業年数3年の短期大学卒業後、建築設備に関する3年以上の実務経験を有する者
3. 2を除く短期大学、高等専門学校卒業後、建築設備に関する4年以上の実務経験を有する者
4. 高等学校卒業後、建築設備に関する7年以上の実務経験を有する者
5. 建築設備に関する11年以上の実務経験を有する者
6. 建築設備に関する建築行政の2年以上の実務経験を有する者
7. 一・二級建築士、建築基準適合判定資格者、建築設備士の有資格者


10~12月の4日間


12月下旬


48,000円(テキスト代含む)


(財)日本建築設備・昇降機センター